知って得する上級テクニック

① 手形と現金どちらがお得?
もちろん、みなさんは、「支払期日が遅い手形より現金を受け取る方が得に決まっている。」と思っていしゃるに違いない。ところが、先日とある営業の方から興味深いお話を伺った。その方が、集金に行ったところ、「現金で支払うから5%値引きしてください。」と言われ、営業の方も手形をもらって割引くより、5%程度値引きであれば、現金でもらう方が良いと判断し、現金で集金してきたそうだ。
しかし、よく考えてみると 代金内容 1,000万円 に対し
  • ■現金の場合
    1,000万円 ― 50万円 = 950万円
  • ■手形割引(90日期日、割引料5%)の場合
    1,000万円 ―(1,000万円×5%×90÷365) = 約988万円
手形割引後の手取りの方が現金より約38万円多いこととなる。 後日、この営業の方は、経理部長に厳しく叱責されたらしい。
② 目先の金利差
1週間後に現金が必要なお客様が、ある手形割引業者に「本日中に手形割引 されるのであれば、金利を0.5%安くします。」と言われ、金利が安く なるのであれば早めに割引をしておいた方が得だと思い、手形割引をされたと いうお話を聞いた。 果たして本当でしょうか。手形割引料をちょっと計算してみましょう。
  • ■本日割引した場合の手形割引料 (支払期日までの日数67日)
    3,000,000円 x 8.0% x 67日 ÷ 365日 = 44,055円
  • ■1週間後に割引した場合の手形割引料(支払期日までの日数60日)
    3,000,000円 x 8.5% x 60日 ÷ 365日 = 41,918円
差額 +2,137円を多く支払ったことになる。 皆さんは、手形割引による支払利息が、金利 × 期日で計算されることを 良くご存知だと思います。 手形割引業の営業マンが、自分のノルマ達成の為に月末などによくこの様 な営業手法を使っているという事を聞きます。  皆様もあわてず、ゆっくり 計算をした上で手形割引をされると良いと思います。
③ 本当の銀行金利
あるお客様が銀行に1000万円の定期預金(利息0.1%)を担保に3000万円の割引枠(支払利息3%)を持っておりました。 しかし、最近は売上が少なく1500万円の手形割引残高がやっとです。 ここで実質金利を計算してみましょう。
  • 表面金利
    支払利息   1500万円 ×3%  =45万円
    受取利息   1000万円 ×0.1%  =1万円
  • 実質金利 (45万円―1万円) ÷ (1500万円―1000万円)=8.8%
実質的には500万円の手形割引に8.8%の支払利息を支払っていたことになります。 確かに、銀行とのお付合いは対外信用上も大切なものです。しかし、担保による割引枠が大幅に余ったり、資金繰りが厳しくなって来たら預金を解約するのも一考です。 優良な手形割引業者で手形割引をされる場合は、表面金利 = 実質金利と大変明瞭です。