手形を受取る時の注意点

    商取引の代金として手形を受け取る場合の注意点を教えます。

A 支払い条件の確認
仕事を受注する時、発注書などに支払い条件(現金/手形の比率、手形の支払期日など)が記載されています。 新規の取引の場合は、その業界の一般的な条件に合っているか。 継続取引の場合は、今までの条件と変更がないか。 手形の期日と金額を先ず確認してください。
B 手形の必要記載事項の確認
手形法に定められている必要記載事項(①~⑦)があり、その一つでも欠くと手形は無効となります。 但し、未記入であっても後で補充は出来ます。

手形解説図

  • 約束手形という文句(統一手形用紙では印刷されています。)
  • 受取人、振出人から手形の交付を受けるもの誤記がないかチェック。
  • 一定の金額を支払う旨(算用数字はチェックライターを使用、漢数字は、手書き可)
  • 振出日と振出地
  • 振出人の署名(社判に捺印、手書き可 印鑑の押し忘れがないかチェック)
  • 手形の満期日
  • 支払地(満期日に手形金額が支払される場所)
  •   10万円以上の手形には印紙が必要となります。 支払い期日に暦にはない日(例9月31日)も見受けられますので よく注意して下さい。
 
C 廻し手形での支払の場合
手形の表面の確認は「B 手形の必要記載事項の確認」と同じです。 受取人の名前(法人名また個人)と第一裏書人の名前が同じかどうか確認します。 名前の誤記や法人格の付け間違いがないか確認して下さい。